★興津の元気もりもり生産者紹介★

〜興津でミョウガ・ピーマンを生産している農家を紹介していきます〜

2006年08月02日(水)

第28回目は 縄本貞文さん(48歳)です。 [興津の農家]

画像(260x194)・拡大画像(310x232)

今日は、みんなからアンミちゃんと呼ばれ親しまれている縄本貞文さんを取材しました。貞文さんは現在、ミョウガ800坪、ピーマン100坪を本人、二人の雇用で経営されています。貞文さんは今年の一月にとても美人のお嫁さん(28歳)をもらって、新婚生活をたのしんでいらっしゃいます。

画像(260x194)・拡大画像(310x232)

農業を始められて、13年目を迎える貞文さん、就農前は、漁業を営んでおり、主にシイラ漁(興津ではトウヤクとも言う)、冬場は、シラス(ちりめんじゃこ)を獲っていましたが、漁獲高の低迷などにより、転職しました。貞文さんに農業の魅力を聞くと、自分の仕事のやりよう
によって安定した収入が得られることだそうです。反面、重労働であることや、多忙のため休みがとれないところが大変のようです。

画像(260x194)・拡大画像(310x232)

貞文さんの唯一の休日の趣味は、ゴルフ(年間2回!)だそうです。(笑)昔は週3回のペースでまわっていたそうです。すごい!!

画像(194x260)・拡大画像(232x310)

本人から一言
いつまでも消費者に喜ばれる品物づくりに努めています。


編集部より
アンミちゃん結婚おめでとうございます!!
美人のお嫁さんを見られなくて残念(T_T)
今度はツーショットでお願いします。

Posted by 青壮年部 at 15時28分   パーマリンク

2006年06月28日(水)

第27回目は 竹添俊次郎(71歳)さんです [興津の農家]

画像(194x260)・拡大画像(232x309)

多様な趣味の持ち主竹添さんの家を訪問しました。庭には、手作りの水車や動物の置物などたくさんありました。水車は仕事の休みや夕方を利用して10日間ぐらいで作ったそうです。

画像(260x194)・拡大画像(309x232)

庭木作りやモーターパラグライダー、バイク、その他奥さんの文子さんとの共通の趣味の社交ダンスやツーリングも楽しんでいるようです。今まで、キュウリ、トマト、メロン、うなぎ、茗荷といろいろ作ってきたけれどピーマンが一番よかったとゆうことで現代430坪のハウスでピーマン作りとお米を3反を作っています。

画像(260x194)・拡大画像(309x232)

後継者はいませんが、体力が続く限りやっていきたいと、意欲満々!母親の介護をしながらも、農業、趣味に忙しいなかでも、まだ新しい取り組みを計画中だそうです。

もし、空をとんでいる俊次郎さんを見たら、手を振って挙げてください。

続きを読む

Posted by 女性部 at 14時49分   パーマリンク

2006年06月14日(水)

第26回目は 中島善男(84歳)さんです [興津の農家]

画像(260x194)・拡大画像(309x232)

 今回は農業暦60年の中島善男(84歳)さんを紹介します。昔はきゅうりを8年間、それからシシトとピーマンを栽培し始めました。今現在ピーマンを60坪を奥さんと2人で栽培しています。

画像(260x194)・拡大画像(309x232)

 昭和17年から農業をし始めて、その翌年の18年兵隊に召集され21年に興津に戻り、22年から農業を再開し始めた。昔の話がたくさん聞けました。
 趣味は堤防釣りです。

画像(260x194)・拡大画像(309x232)

 本人から一言「まだ、10年ばあがんばる」とのことです。これからも元気に奥さんと2人で農業をして下さい。


Posted by 興津園芸部 at 06時13分   パーマリンク

2006年06月07日(水)

第25回目は 橋本隆成(48歳)さんです [興津の農家]

画像(260x194)・拡大画像(309x232)

興津のちょっと変わった!?人、橋本隆成さんをご紹介します。
18年前から農業を始め、米〜ピーマン〜ミョウガと、栽培してきて今では、バナナとパパイヤを作られています。栽培面積はバナナ、パパイヤ1500坪ミョウガ600坪を親子5人で経営しています。親子合わせると3900坪になります。

画像(260x194)・拡大画像(309x232)

写真のパパイヤは、糖度の高いサンライズ・ソロ種です。定植したばかりで10ヶ月後ぐらいには収穫できます。
バナナは、国内産の三尺バナナで今、花が咲き始めました。秋には収穫です。

画像(260x194)・拡大画像(309x232)

これは今、バナナが実をつけている所です。
隆成さんの楽しみは、大好きなバナナが成長するのを見ることと、アサヒビールを飲むことです。(ビールはアサヒが一番が口癖です。)

画像(260x194)・拡大画像(309x232)

橋本家から一言
『美味しい四万十バナナと四万十パパイヤを全国的に売り出したい!!』


ジャングルの中で生息しているゴリラのような人でした(^o^)

Posted by 興津園芸部 at 14時22分   パーマリンク

2006年05月11日(木)

第24回目は 久保田寅子(70歳)さんです [興津の農家]

画像(173x260)・拡大画像(207x309)

今回紹介する久保田さんは20歳で嫁いできてキュウリやピーマンを作ってきましたが、3年前にご主人を亡くされてからは一人で270坪を作っています。

画像(260x194)・拡大画像(309x232)

ハウスをされてからは台風による被害もあってつらかったことも多かったようです。残念ながらこの作をもってやめられるそうです。「これからは、人に迷惑をかけんように暮らしていきたい」とはなしていました。

取材を終えて一言

ハウスをやめるということで、今までとちがった日常生活をおくるようになると思いますが、生き生きと楽しくすごしてください。

Posted by 女性部 at 14時02分   パーマリンク

2006年04月26日(水)

第23回目は 田村耕一郎(42歳)さんです [興津の農家]

画像(260x194)・拡大画像(309x232)

昨年まで農協に勤務していましたが昨年3月31日をもって退職し、ハウスを増設して、現在、ピーマン135坪、ミョウガ1050坪を栽培しています。

画像(260x194)・拡大画像(309x232)

仕事は自分達夫婦に両親の4人と常雇用3人で賄っています。今、ピーマン、ミョウガ共に最盛期に入り大変忙しい毎日です。好きな趣味も今の所、お預け状態。趣味は釣り、ゴルフ、パチンコ、テニス、インターネット…。

画像(260x194)・拡大画像(309x232)

今後は、面積は今の所、現状維持で旅行をする位の時間的な余裕が欲しい。早く子供が大きくなって手伝ってもらいたい。

来年に向けて…
今年はまだ初めてで何かにつけて忙しいが来年からは、リズムを取って余裕のある仕事をしたいと思っています。

Posted by ミョウガ部 at 00時10分   パーマリンク

2006年04月12日(水)

第22回目は 伴ノ内平(42歳)・圭子(33歳)さんです [興津の農家]

画像(260x194)・拡大画像(309x232)

半農半漁のパワフルお父さんの平さんはミョウガ963坪、米が3.3ha栽培そのほか漁師をされています。平さんは奥さんの圭子さんとご両親、雇用一人で経営をしています。

画像(194x260)・拡大画像(232x309)

平さんは就農五年目で、それまでは大阪で23年間働いていました。帰ってきてからは子供も増えて今では三人のお父さんです。平さんにミョウガの栽培の感想を聞くと、ミョウガは育てるのが大変おもしろい作物、大変なのは台風や自然災害、後は収穫かな?(笑)

画像(260x194)・拡大画像(309x232)

平さんの趣味は地元の青壮年部やミョウガ部会の先輩や後輩などとお酒を飲むことだそうです。
平さん飲み過ぎで体には気をつけてくださいね(編集)

私の抱負

ミョウガの連作障害に打ち勝つ!!

Posted by 興津園芸部 at 14時25分   パーマリンク

2006年03月21日(火)

第21回目は 竹添正生(44歳)さんです [興津の農家]

画像(260x194)・拡大画像(310x232)

 興津のダンディこと竹添正生(44歳)さんを紹介します。高校を卒業してから34歳まで奈良県でサラリーマンをしてました。その後、高知に戻り2年間サラリーマンをした後、興津で農業をやり始めました。親子3人でミョウガ620坪・ピーマン230坪を栽培しています。

画像(260x194)・拡大画像(310x232)

 趣味は磯釣りでグレ全般だそうです。主に魚のひきを楽しむだけとのこと。最近はあまり釣ってないなぁ・・・・と少し落ち込み気味でした。いや、結構いろいろな種類の魚を釣っている様な?

画像(260x194)・拡大画像(310x232)

 本人から一言『農業は、サラリーマンの時より、時間にしばられず、気がらくだ』これからも親子3人で農業をがんばってください。


Posted by 興津園芸部 at 20時52分   パーマリンク

2006年03月15日(水)

第20回目は 北村一雄さん(77歳)です [興津の農家]

画像(260x194)・拡大画像(310x232)

一雄さんは奥さんの明子さんと二人でピーマンを450坪栽培しています。一雄さんの栽培歴は興津のピーマンの歴史と共に始まり、興津の栽培技術発展に大変貢献されました。ざっと50年以上になります。

画像(260x194)・拡大画像(310x232)

今思うと大変だった事は、今と違い昔はパイプハウスなどは少なく普及されていなく、山から木を切り出し自分たちの力でハウスを造ったりしたそうです。

画像(260x194)・拡大画像(310x232)

一雄さんの趣味は余暇の釣りに行くことです。一年中楽しんでいます。

画像(260x194)・拡大画像(310x232)

北村一雄さんの抱負
仕事は2番、1番は今を楽しむ!!


なかなか格好いい抱負ありがとうございました。(編集)

Posted by 興津園芸部 at 14時16分   パーマリンク

2006年03月08日(水)

第19回目は 中嶋和平(58歳)さんです [興津の農家]

画像(260x346)・拡大画像(310x413)

農業歴33年の中嶋さんは、通称”かっぺちゃん”とみんなに親しまれています。物静かでやさしそうな男性です。興津の”ベッカム”かも・・・??ただ今、米と茗荷950坪を作られています。

画像(260x194)・拡大画像(310x232)

趣味は、釣り、ゴルフ、パチンコ、競輪、競馬と幅広く、暇を見つけてエンジョイしているようです。父と雇用一人の3人で頑張っています。これからも、作型を変えるなどして、今の面積を維持して行きたいと、笑顔で答えてくれました。

                    ”かっぺちゃん”
                         ファイト(*^_^*)

Posted by 女性部 at 14時26分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

8

2006


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PHOTO

第53回目は、鎮田泰典さん(30歳)です。

第53回目は、鎮田泰典さん(30歳)です。

第7回目は 竹添友吾(44歳)さんです

第7回目は 竹添友吾(44歳)さんです

第49回目は、竹添和史(23)さんです

第49回目は、竹添和史(23)さんです

検索


カテゴリーリスト

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 okitu.com All rights reserved.