みょうが
 日本独自の香味野菜。暑い夏にその香りで涼をもたらします。 海外旅行から帰ってきて一番に食べたくなる物の一つでしょう。薬味や汁の実以外にもたくさんのおいしい料理法がありますので、レシピを参考に作ってみて下さい。

みょうがを食べると物忘れが!?

いえいえそんなことはありません。

このことのいわれについて次のような逸話があります。『 釈迦の弟子の周梨槃特(シュリハンドク)は熱心に修行をする人のよい人物でしたが、 物忘れがひどく自分の名前すらすぐに忘れてしまったそうです。そこで釈迦が首から名札を下げさせました。 彼の死後、墓から見慣れぬ草が生えてきました。生前自分の名を荷物のように下げていたことにちなんで村人がこの草を「茗荷」と名づけた。』という説があります。この話から、茗荷を食べると物忘れがひどくなるという俗説が生まれたのです・・・

品種 ショウガ科ショウガ属の多年草。地上に出ている部分は冬に枯れてしまいますが、翌年にまた出てきます。 ヤブの中など日陰の湿った所を好みます。
夏に花を付ける夏みょうが(やや小型)と秋に花を付ける秋みょうが(やや大型)があります。
原産地 日本原産と言われていますが、中国、インドにも野生種があります。
 みょうがの爽やかな香りは、アルファピネンという成分で、程よい辛味とともに食欲を刺激します。