園芸ヘの道(興津園芸の変遷)

 

1905       明治38 夏柑の導入

1908                     41 ナス、キュウリが興津、新居、宇佐に普及する

1919       大正 8 興津、宇佐に促成キュウリ栽培が広がる

1920          9 ヤマヨ興津園芸組合が発足し、主としてキュウリを栽培する

1923                     12 出荷場の建設(56坪)

1924                     14 松原地区の開墾1.3haの造成に着手し翌年完成

1927       昭和 2 松原地区の発動機による揚水ポンプ完成

1933                         8 田内式冷床栽培導入

       産業組合創立と同時にヤマヨ興津園芸組合がこれに合流

1952                     27 ヤマヨ組合がビニール購入(尾知氏使用)

1954   29 ヤマヨ組合がホース潅水を取り入れる。全面的にビニールに転換

1957                     32 ヤマヨ組合が加温機導入。加温業者により丸温組合が独立

1958                     33 ヤマヨ組合、興津農協より分かれ独立する

1960   35 ヤマヨ組合の加温燃料が薪からコークスへ変わり、一部重油式もはいる

1961                     36 ヤマヨ、丸温の両組合が農協に合併(丸与となる)

1962                     37 丸与組合機構改革により、興津農協園芸部として再発足

1963                     38 ピーマン栽培が始まる

1965   40 出荷場の建設(157坪)

1967                     42 アピトン材をビニールハウス用に導入

1968                     43 鉄骨大型ハウスが普及

1973                     48 園芸集出荷場を建設(600坪)自動包装機、自動計量機を2セット導入

1974                     49 自動封かん機、出荷施設の拡充強化

1975                     50 稲作転換作物として枝豆栽培が普及

1982                     57 自記温度計、土壌分析器の導入

1986                     61 農協事務所建設

        ミョウガ栽培が始まる

1996       平成 8 現集出荷場建設(636坪)、パッションフルーツ栽培

1997          9 四万十農業協同組合に合併する

1998         10 複合経営促進施設の完成(4.1ha26棟)

2001 2004 ミョウガ栽培面積が急速に増加する

2004   16 興津地区基盤整備竣工式(区画整理23.4ha